記事

【動画フリー素材】 火の粉パーティクル 使用例

ニコニコモンズにて投稿しているフリー素材「火の粉パーティクル」の使用例です。
火の粉ですので、炎や、燃えている背景などに組み合わせて使うとよいですが、なかなか都合よく素材と合わせられそうな燃えている背景は見つからないもの。
なので、既存の背景に対して、色変えを行いながら使っていくとより使いやすいです。

 

作例サンプル

「火の粉パーティクル」のダウンロード

例としてこの画像に対して、エフェクトをかけていきます。
※作例ではAfter Effectsを使用しています。

ベース画像

 

 

■STEP01 色味調整1

背景の色味を変えていきます。
「CC Toner」で背景全体をオレンジ色にして、「トーンカーブ」でコントラストをきつくします。

色味調整

設定

 

 

■STEP02 色味調整2

さらにコントラストを強くするためにレイヤーを複製します。
複製したレイヤーの「CC Toner」と「トーンカーブ」を削除したのち、「ルミナンスキー」の「明るさをキーアウト」で暗い部分だけが残るように調整します。
さらに「ブラー滑らか」をかけてなじませたのちに合成モードを「乗算」にします。

色味調整

設定

 

 

■STEP03 パラかけ

今回は光源を下部にしたいので、上側にパラをかけていきます。
暗い焦げ茶色の平面を作成して、上側が暗くなるようにマスクをかけます。
マスクをかけたら「マスクの境界ぼかし」でなじませていきます。
パラの合成モードを「焼き込みリニア」や「乗算」を変更して、不透明度などを調整していきます。
今回の例では、さらにもう1レイヤー追加して、「乗算」と「焼き込みリニア」の2つのパラをかけています。

パラかけ

 

 

■STEP04 色味調整3

さらにコントラストを調整するために、「STEP01」のレイヤーを複製します。
トーンカーブでコントラストを調整したのちに、「ルミナンスキー」で今度は「暗さをキーアウト」で明るい部分だけを残していきます。
「ブラー(滑らか)」を追加してなじませていきます。
合成モードを「加算」にして不透明度を調整します。

色味調整3

設定




 

■STEP05 フレア

下部にフレアを足していきます。
参考では黄色っぽい色味の「Optical Flares」を置いていますが、お持ちでない方はオレンジ~黄色っぽい色の平面レイヤーを追加して、マスクで調整しながら「加算」や「スクリーン」で合成していくと良いかと思います。
さらに明滅表現として「wiggle」のエクスプレッションを不透明度に追加するとよりよくなります。

フレア

 

 

■STEP06 火の粉の合成

火の粉パーティクルを合成していきます。
パーティクルを重ねて、「加算」や「スクリーン」で合成します。
例では「加算」で合成したのちに、さらに複製して「スクリーン」のレイヤーを重ねています。

火の粉の合成

 

 

■STEP07 仕上げ

さらに味付けとして、波ガラスやDFなど細かい調整を行っていけば完成です。

波ガラス処理のやり方についてはこちら。

仕上げ

個人的には燃えている背景などの色変えの際は、コントラストを調整して暗くしたのちに、明るい部分を重ねていくのがやりやすいかなと思います。
絵柄や今回のやりかたでももっと工程を減らしてキレイに仕上げる方法もあるかと思いますので、これは一つの例として参考にしていただければ幸いです。

 




2018.11.20投稿者 みつ