記事

【AEプラグイン】無料ビームプラグイン 「Saber」

saber

 

Video Copilot 社から提供されている無料プラグイン「Saber」についての紹介です。

「Saber」の公式ページはこちら

 

■Saberについて

このプラグインはビームやレーザーなどを簡単に作成できるプラグインです。
グローなどの光にかかわる調整はもちろん、テキストやマスクパスに添わせることも簡単にできる素晴らしいプラグインです。
その中でも特に特筆すべき内容としては、最初から使えるプリセットの数です。

 

 

■Saberのプリセット

「Saber」には最初から50種類ものプリセットが用意されています。
その内容もどれもクオリティが高く、自分の使いたい設定にすぐに調整することができます。

 

 

■Saberの使い方1 基本設定

「Saber」適用したら、デフォルトのビームラインが表示されます。
まずは基本の設定です。
以下の画像の項目ではプリセットの選択から、色味、グローの強さや、幅、芯部分の強さなどが調整できます。
また、位置の調整もこの部分になります。

saber設定1

 

 

■Saberの使い方2 Customize Core

芯部分の調整などができます。
先端を細らせたり、芯のブラー調整などができます。
また「Core Type」を変更することで、マスクパスやテキストにラインを沿わせることができます。

saber設定2

saber Core Type

 

 

■Saberの使い方3 Flicker

この部分の設定は光の明滅速度や、強さを設定することができます。
「Random Seed」を変更することで明滅タイミングを変えることもできます。

saber設定3

 




 

 

■Saberの使い方4 Distortion

この部分は「Glow Distortion」と「Core Distortion」の2箇所の設定ができます。
この設定は見た目や動きに部分で、光にノイズやねじれを足したり、動かしたりすることができます。

saber設定4

saber Distortion

 

 

■Saberの使い方5 Glow Settings

グローの幅や強さの調整ができます。
全体の調整と、1~4層のグローの調整ができます。Glow 4が一番、芯に近い部分の設定です。

saber設定5

 

 

■Saberの使い方6 Render Settings

モーションブラーの設定や簡単な露出の設定などができます。
また、「Alpha Mode」はマスクパスを使うときに、どの要素にマスクをかけるかを選ぶことができます。
画像のように、グローのみにマスクを適用することなどもできます。

saber設定6

saber マスク

 

簡単な解説でしたが、以上が「Saber」の基本的な機能になります。

 

 

■Saberのループについて

Saberは非常に優秀なプラグインなのですが、一点欠点をあげるならばループ対応していない点です。
「Distortion」や「Flicker」でSaberに動きをつけても、機能としてループがないのが本当に口惜しいです……。
ですが、機能としてないだけなので、「ディゾルブループ」や「ワイプループ」を自分でやってあげれば、ループ素材を作ることができます。

 

以上が無料プラグイン「Saber」の解説でした!
初期の50種類のプリセットが使えるのが本当に魅力的です。
正直、プリセットだけでも十分使える感じのものがそろっておりますので、ぜひ色々と試してみてください。
ループできないのは非常に残念ですが、それを差し引いても、おすすめできる良いプラグインです!

 




2018.11.28投稿者 みつ