記事

【動画フリー素材】 モニターフィルター 使用例

ニコニコモンズにて投稿しているフリー素材「モニターフィルター」の使用例です。
フィルターの使い道としては、全面にフィルターをかけてモニター画面風にしたり、キャラクターなどにフィルターをかけてホログラム風に表現したりします。
合成にはリニアライトやスクリーンなどを使うと良いですが、さらに元素材に対して色調調整や明滅処理などを加えてあげることでより良くなります。

 

 

モニターフィルターのダウンロードはこちら

キャラキターのみにエフェクトをかける場合はこちら

 

※作例ではAfter Effectsを使用しています。

 

 

画面全体にフィルターをかける場合

 

■STEP01 パラかけ1

画面の縁にパラをかけます。
平面を作成して、色味は暗い青色にします。
マスクの角丸長方形ツールで画面の外側付近にパスを引きます。
そしてパスを反転させて、マスクの境界ぼかしで縁をぼかします。
合成モードは乗算にします。

パラかけ01

パラの設定01

 

 

■STEP02 パラかけ2

さらにパラをかけてグラデーションを強くします。
STEP01のパラレイヤーを複製します。
マスクパスをさらに外側にして、マスクの境界ぼかしの数値をSETP01のパラよりも低くします。
そして、不透明度を調整します。

パラかけ02

パラかけの設定02

 

 

■STEP03 色変え

色変えをしていきます。
調整レイヤーを作成して、エフェクトの「カラーカーブ」を適用します。
カラーカーブの開始色と終了色を青色にします。
開始色は薄い青色、終了色は濃い青色にしてあげると良い感じになります。
そして調整レイヤーの合成モードをソフトライトにします。

色変え

カラーカーブ

 

 

■STEP04 フィルターの合成

フィルター素材を合成します。
フィルター素材をレイヤーの一番上において、合成モードをスクリーンにします。
明るさが足りない場合はさらにフィルター素材を複製して加算で合成したのちに、不透明度を調整してあげると良い感じになります。

モニターフィルター

レイヤー構成

 

 

■STEP05 微調整

最後にDF等をかけてあげて、調整してあげれば完成です。

モニターフィルター

 




2018.12.01投稿者 みつ