記事

【動画フリー素材】 モニターフィルター 使用例2

ニコニコモンズにて投稿しているフリー素材「モニターフィルター」の使用例です。
前回は画面全体にフィルターをかけましたが、今回はキャラクターだけにフィルターをかけてホログラム風にしていきます。

 

モニターフィルターのダウンロードはこちら

画面全体のフィルターをかける場合の作例はこちら

 

※作例ではAfter Effectsを使用しています。

 

 

■STEP01 カラーカーブの適用

キャラクターの色味を少し青っぽくします。
キャラクターのレイヤーの上に平面を適用して、エフェクトの「カラーカーブ」をかけます。
開始位置の色味を少し暗めにして、終了位置を少し明るめにします。
平面の合成モードを「オーバーレイ」にして不透明度を調整します。
また、平面には「下の透明部分を保持」を有効にします。(オーバーレイの右側の四角いやつ)
この「下の透明部分を保持」を有効にすることで、キャラクターにだけエフェクトをかけていくことができます。

色味調整

レイヤー構成

 

■STEP02 フィルターの適用

フィルター素材を平面の上に読み込みます。
フィルター素材には「下の透明部分を保持」を有効にします。
フィルター素材の合成モードを「リニアライト」にして不透明度を調整します。
さらにフィルター素材を複製して合成モードを「スクリーン」にします。

フィルターの適用

レイヤー構成

 

 

■STEP03 明滅の表現

さらにフィルターを複製します。
合成モードを「加算」にして不透明度を10にします。
そして不透明度にエクスプレッションを適用します。
Altを押しながら、ストップウォッチのマークをクリックして、「wiggle(20,5)」と入力します。
この「20」が一秒間の変動回数で「5」が数値の振り幅になります。
さらに下から、薄い青色のフレアを足してあげます。

明滅表現

レイヤー構成

 

 

■STEP04 背景と合成

背景と合成させます。
合成させる背景などにもよりますが、「ブラー(滑らか)」エフェクトでぼかしたレイヤーを加算やスクリーン、リニアライトを重ねて発光感を出しながら、重ねていくとキレイに使用できます。
また、暗めの背景で使用すると調整しやすいです。
今回は「加算」、「通常」、「リニアライト」で合成、調整しています。

背景と合成

レイヤー構成

 

 

以上で完成になります!
合成方法や調整の仕方の一例になりますので、使用する画像に合わせて調整してみてください。




2018.12.09投稿者 みつ