記事

【AviUtl】mp4の書き出し方法

AviUtlは無料で使うことができる動画編集ソフトですが、初期状態ではmp4を書き出すことができません。
mp4は非常に容量が軽く、高画質に書き出すことができるフォーマットですので、AviUtlでもmp4を書き出す方法をご紹介します。

 

■STEP01 プラグインのダウンロード

rigayaの日記兼メモ帳」様のサイトから「x264guiEx」というプラグインをダウンロードします。

ページに入って右端に「AviUtlプラグイン」があるので、そこの「x264guiEx 2.xx (ミラー)」をクリックします。

掲載ページ

 

以下のようなページが開くと思いますので、「x264guiEx_2.59.zip」をダウンロードします。
「x264guiEx_2.59.zip」は2018/12/13現在の最新バージョンです。

ダウンロード

■STEP02 プラグインのインストール

ダウンロードしたファイルを解凍します。
解凍後のフォルダをひらいて、「auo_setup.exe」を実行します。
セットアップ画面が表示されたら、AviUtlをインストールしているフォルダを選択します。
選択後、「次へ」を押してインストールします。

インストール完了

 

インストールが完了したら、「終了」を押してウィンドウを閉じます。

インストール完了

 

これでインストールは完了です。

■STEP03 mp4の出力方法

AviUtlを開いて、「ファイル」→「プラグイン出力」→「拡張x264出力(GUI)Ex」から書き出すことができます。

mp4書き出し

また、「ビデオ圧縮」から出力設定を調整することができます。

mp4書き出し設定

 

そこから「プロファイル」等でニコニコ動画やyoutubeに合わせたフォーマットで出力調整をすることもできます。

書き出し設定

以上がAvuUtlでのmp4の書き出し方法になります!




2018.12.16投稿者 みつ